2015年10月19日

知ってた?過度なスキンケアで肌が削られて悲鳴を上げている!

近年スキンケアの知識が広まり、日常でもお風呂上りに保湿を行っている方も多いのではないでしょうか。
しかし!実はそのスキンケア方法が原因でお肌が悲鳴をあげているかもしれません。

■スキンケアで肌が薄くなる?「ビニール肌」

gatag-00013716

最近スキンケアのしすぎによる「ビニール肌」というキーワードが注目を浴びています。しかしビニール肌って何?
これが当てはまったらあなたもビニール肌かも?

・肌が薄い(毛細血管が浮き出ている)
・肌が赤っぽく見える
・肌の毛穴が目立つ
・肌理がなくてつるつるしている
・皮脂でテカりやすい、ファンデの化粧のりが悪い
・非常に乾燥肌で、保湿剤がないと耐えられない
・笑うと細かいシワができる

上記のような特徴をしている肌をビニール肌と呼ぶようです。
ビニール肌は一見肌がつるつるしていて、きれいに見えるので、
それほど問題が無いように思ってしまうのですが、
実は肌トラブルがかなりの頻度で起きやすくなっている、非常事態なのです!

■ビニール肌になってしまうと以下のようなことが起こります・・・
ビニール肌の状態になってしまうと以下のような現象が起こります。

・ニキビが出来やすくなる
・乾燥が止まらなくなる
・毛穴が異常に目立つ
・化粧のりが悪くなる

などなど。
ビニール肌の状態をもう少し詳しく 見てみましょう。

■ビニール肌は角質がはがれた状態

180761

ビニール肌はとは角質が薄くなり、角質の下にある表皮がむき出しになっている状態です。

角質はターンオーバーによって内側の肌が押し上げられた一番外側の部分なので、
古くなると垢となって自然に剥がれ落ちます。
そのため「角質=要らないもの」と思われがちですが、実は角質は肌理を構成する上で重要な役割を果たしています。

それに加えて、角質には水分を保持する効果もあるので、角質が薄くなってしまうと乾燥肌にも陥りやすいのです。

■ビニール肌を作る習慣チェック
どうしてこのような肌の危機的状態に陥ってしまうかというと、それは日々の生活習慣によって引き起こされます。
ビニール肌かも?と思った方は以下の項目に当てはまらないかチェックしてみてください。

・ベースメイクは毎日がっつり行っている
・油取り紙で1日3回以上皮脂を取り除いている
・オイルタイプやシートタイプのクレンジング剤でごしごしクレンジングしている
・洗顔をする際もゴシゴシ洗う
・お風呂上りは基礎化粧品をいくつも使っている
・基礎化粧品後の小顔マッサージは欠かせない
・ピーリングを週1回以上行っている
・ピーリングエステや毛穴洗浄エステに月に2回以上行っている

あなたはいくつ当てはまったでしょうか?
6~7つ当てはまった方!ビニール肌でお悩みではないでしょうか。今すぐスキンケア習慣を改善したほうが良いでしょう。
3~5つ当てはまった方は、今はまだビニール肌の初期症状かもしれませんが、その生活習慣を続けると本格的なビニール肌になってくる可能性が高いです。
3つ未満の方も、いつかビニール肌になってしまう潜在的な可能性があるので、注意していただきたいです。

■ビニール肌の改善はたったひとつ
ビニール肌は過剰なスキンケアなどによって、角質が無理やりはがされてしまうために起こる現象です。
そのためビニール肌改善の方法はただひとつ

「こすらないこと」

これに尽きます。
次は先ほど紹介した項目についてチェックしていきたいと思います。

■ベースメイクは毎日がっつり行っている
社会人にもなると「メイク=身だしなみ」といっても過言ではないほど、女性にとってはマナーだったりするものです。

しかし本来の肌は、メイクなんて必要としておりません。
初めてメイクしてみた日を思い出してみてください・・・。
ファンデーションを塗って、びっくりしませんでしたか?
私はものすごく厚塗りで、肌が呼吸できていない!と感じたものです。

メイクって日常手的に行われていますが、それだけ肌への負担というものはすごいのですね。
普通にメイクしているだけでも、化粧下地を塗って~ファンデーションを塗って~その上からお粉を~としていると、それだけでもものすごい刺激だと思います。
特にウォータープルーフタイプはただでさえ肌に負担をかける上に、強力なクレンジング剤でないと落ちないことがあるので、ゴシゴシやってしまいますよね。

まだまだ肌が若いティーンズなどは、お化粧をしたい気持ちもわかりますが、特になるべく肌に負担をかけない習慣を付けて欲しいと思います。

■油取り紙で1日3回以上皮脂を取り除いている
油取り紙は洗顔しなくても皮脂をオフできるのでとても便利です。
しかし紙を肌にこすり付けているので、ゴシゴシしてしまうと肌にとんでもなくダメージが・・・。

使用する際は、上から優しく押さえるように使いましょうね。
油取り紙を使って皮脂をとり過ぎるのも乾燥肌につながりますが、皮脂ある状態も雑菌を繁殖させてしまいますので、最高でも皮脂オフの回数は1日2回までにしておきましょう。

■オイルタイプやシートタイプのクレンジング剤でごしごしクレンジングしている

オイルタイプやシートタイプのクレンジングは、特に気をつけないと肌を一気にビニール肌化させてしまいます。
オイルタイプもシートタイプも、ポイントメイクをオフするためだけに使うなら、効果の高いクレンジング剤です。

これらのクレンジングを使う場合は、「ちょっと優しくしすぎかな?」と思うくらいの力でクレンジングすると肌への摩擦が軽減できます。

■洗顔をする際もゴシゴシ洗う
洗顔をする際はきちんと泡立てて、泡で顔を包み込むように洗いましょう。
そんな習慣もだんだん浸透してきましたね。

毛穴爽快!となるスクラブ入りの洗顔料は、ビニール肌の人にはご法度です。
なるべく低刺激で、肌がつっぱらないものを選ぶことも大事です。

■お風呂上りは基礎化粧品をいくつも使っている
実はお風呂上りのスキンケアが、意外とビニール肌を作り出してしまっている原因になっていることがあるのです。

お風呂上りは肌がふやけていて、繊細な状態。
クチビルの皮もお風呂中だとベリベリめくれる・・・肌も同じです。

その状態で化粧水ゴシゴシ!美容液ゴシゴシ!乳液ゴシゴシ!クリームゴシゴシ!
もうどうなるかわかりますよね・・・。
頑張って保湿しているのに、逆に肌を痛めつけている状態に・・・。

スキンケアを行う際は、上から肌を押し付けるようなハンドプッシュで行うか、
オールインワンジェルのような基礎化粧品でスキンケアのステップを飛ばしてしまうことをおススメいたします。

■基礎化粧品後の小顔マッサージは欠かせない
小顔マッサージは顔のむくみが取れてすっきりしますよね。
しかし顔をグイグイ指圧すると、肌が擦れてしまうだけでなく、
やり方を誤ると肌のたるみを引き起こしてしまう原因に。

そうならないためにも、むくみ解消は汗を出してデトックスしたり、
塩分を控えるなど他の方法で解消したところです。

■ピーリングを週1回以上行っている
ピーリングは余剰に発達した角質を取り除くことによって、肌のターンオーバーを促すスキンケア方法です。
ピーリングをすると肌がツルッとしますし、ワントーン明るくなったような感じがして病みつきになる方も多いでしょう・・・。

しかし元々ピーリングは、日本人の1.5倍もの角質を持つ、コーカソイド用のスキンケアです。
それを同じように日本人が行うと、角質を取り除きすぎの状態になってしまうのはご理解していただけることだと思います。

そのためビニール肌の人にとってピーリングは禁じ手。
もうしばらくお休みしたほうが良さそうです。

■ピーリングエステや毛穴洗浄エステに月に2回以上行っている
エステはプロの方が行ってくれるし、やはりお値段もそこそこする施術がほとんどだと思います。
そのためまさかエステがビニール肌作りに貢献しているなんて夢にも思わないでしょう。
確かに熟練のスタッフによるピーリングエステは、自分で行うよりも低刺激だと思います。
しかしやはり薬品や機械を使いますし、経験の浅い、技術が足りていないエステティシャンももちろん居ます。

ピーリングはそこまで頻繁に行うものではない!ということを理解した上で、適度に通うことが大事でしょう。


関連記事