アンチエイジングは何歳から?もしかしたら既に対象年齢かも?

アンチエイジング?私にはまだまだ~と思っていても、実はすでにアンチエイジングしたほうが良い年齢に突入してしまっているかもしれませんよ!?

■「老け」を意識したいのは、なんと25歳~!

e82477b95c7040cf13171ab113d80932_sOMG!

20代なんてイケイケでバリバリの世代!と思っているかもしれませんが、お肌はゆっくり老化への一歩を辿ってきているのです。

人間の体の成長は20歳をピークに衰えていってしまいます。
これは全ての人が辿る道なわけですが、この時期に頑張ってお手入れすることによって、20年後、30年後に差がはっきりと出てくるのです。

25歳~意識して欲しいアンチエイジングケアは、「紫外線対策」!
紫外線って聞くと、夏のビーチや行楽シーズンのみの対策かと思われがちですが、実は紫外線対策は年間を通じて行わなければならないのですよ。

その理由は紫外線α波というものにありました。
夏の暑いビーチに行った際、日に焼けて肌が真っ赤になってしまうことがありますよね?
あの正体は紫外線の中でも、β波という波長が短いタイプのもので、エネルギーが大きく、肌を一気に火傷状態にしてしまいます。これをサンバーンと言います。

一方β波は、エネルギーは弱いのですが、波長が長いため、お肌の真皮にまで届いてしまいます
このβ波は、1年を通して降り注いでいるため、冬でも紫外線対策が必要なのです。

特に色白な人は、紫外線からお肌を守ってくれるメラニン色素が薄いため、SPF入りの化粧下地を使うなどの工夫をした方が良いでしょう。

■30歳からは美容成分を補充!

57042dacda1a394b1861d2f8f72b0f4d_s

10代や20代はまだまだ体内に美肌の元となる成分がたくさん存在していますので、美容成分を外から足してもそれほど効果が少ないことが多いかもしれません。
しかし30代からは一歩上のスキンケアを。

そもそも美容成分ですが、ビタミンCコラーゲンヒアルロン酸などが代表的です。
こういった美容成分は、美白に関するものであったり、保湿に関するものがあったりするので、購入の際は成分をチェックしたほうが良いでしょう。

美容成分は、価格が高いものが多いため、あまり安価すぎるものだと美容効果が出ない可能性もありますので、注意が必要です。

■40代からはシミ対策を

free-illust338

40代に差し掛かると、これまで蓄積した紫外線ダメージなどが一気に表面へと出てきます。
そのためシミをきちんと対策しないと、一気に肌年齢が上に見られてしまいます。

シミの原因には紫外線ジミ肝斑など、さまざまな種類がありますので、自己判断をしないで、シミにあった解決法を探していくことが近道です。

部分的には美容外科のレーザー治療の力も借りて対策をする人もいますが、あまりやりすぎると「白抜け」を起こしてしまうことがあるそうです。


タイトルとURLをコピーしました