アンチエイジングの基本は保湿?

アンチエイジングを目指している方にとっては、少しでも健康的なお肌を手に入れたいところ。
そういうことで、アンチエイジングの基本、保湿に立ち返ってみたいと思います。
あなたはきちんと正しい保湿できているでしょうか?

■保湿には順番がある
一般的に

1.化粧水
2.美容液
3.乳液
4.クリーム
5.オイル

この順番でスキンケアを行っている人がほとんどだと思います。
化粧品の中には乳液の順番が逆だったりする場合がありますが、基本は上記の順番だと思います。

1.まず水分を浸透させて肌を柔らかくし
2.美容成分を角質層まで届けます
3.そして乳液(水分+油分)で油分を加え
4.さらにクリーム(水分少し+ほぼ油分)でも油分を加え
5.最後に油分100%のオイルでフタ!

肌の状態や季節によって、スキンケアの行程をどこまで行うかは変わりますが、
1~3の化粧水~乳液までは必ず行いたいスキンケアです。

■化粧水の必要性について

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

化粧水は肌の水分量をアップさせてくれるのですが、実はこれ、水道水でも同じなのです。
水道水の場合、当たり前ですがすぐに乾燥して肌内の水分はすぐに失われてしまいます。
しかし化粧水には水分以外の様々な保湿成分が含まれていますので、水道水よりかは保湿力があります。
だからといって化粧水が肌内に水分を留めておけるかというと、その効果は低く、きちんと油分でフタをしてあげないといけないのです。

化粧水の用途は、あくまで後に使う美容液などの成分がしっかり浸透しやすくするためのもの。
例えるならば、乾いた髪にいきなりトリートメントを使うと、ものすごく量が必要ですし、伸びも悪いですよね。
つまり化粧水を使うことによって、スキンケアの効率が良くなるのですね。

■化粧水が化粧水ではなくなっている!?

e430a009a11cee3ad63882a5f98fc4e7_s

しかし最近では、化粧水が好きな人が増え、上記用途以外に保湿力を求める人も現れてきました。
そのため、化粧水なのに表面に被膜を張って保湿するタイプの化粧水が多くなってきているのも事実です!

安価で高保湿を謳っている化粧水に多く(もちろん高価なものでもあります)、それ1本で保湿力を実感することができるのは嬉しいのですが・・・
被膜を張ってしまうことによって、次に使う美容成分が浸透しにくい場合があります。

たくさんの種類の化粧品を使うのは楽しいですが、化粧品メーカーは基本的にphなどを調節して作っています。
そのため、スキンケアを効果的に行いたい場合は、やはり同じラインのものを使ったほうが良さそうです。

■じゃあ化粧水を使わないオールインワンジェルって?

hyaluronic-img11

オールインワンジェルって化粧水を使っていないじゃないか?と思いますが、大丈夫なのでしょうか。
結論からいいますと、大丈夫です。

先ほども述べましたが、化粧水はあくまで肌をふやけさせるためのもの。
そのため、肌の浸透が気になる方は、水分量が多目のゲルタイプのオールインワンジェルを選ぶと良いでしょう。

一方肌が厚い感じの人は、クリームタイプのオールインワンジェルが良いでしょう。

pixta_クリーム

■極度の乾燥部分に必要な化粧水
唇がわかりやすいと思うのですが、唇にはリップクリームを使いますよね?
唇は皮膚が薄く、水分量が多い場所です。
そんなところには油分が必要となるのです。

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s

しかし一度唇に含まれる油分が減ってしまうと、水分もどんどん抜けていってガサガサになってしまいます。
こんなときに、リップクリームを塗っても中々乾燥は治りません。

皮膚が薄く、極度に乾燥している箇所にこそ化粧水は必要なのです。

46fd1cc74300ba15951c5a7b3222c08d_s

そのため、肌荒れを起こしていない元気な肌は、むしろ化粧水はあまり必要がないのです。
逆に元気な肌に化粧水を使うと、肌がふやけてしまい、弱い肌を作り上げてしまいます。
自分の肌のコンディションをよく観察しながら、スキンケアを行っていく必要があります。


タイトルとURLをコピーしました