油焼け?顔が異様に黒ずんでいるときは抗酸化作用のスキンケアを

抗酸化作用

rp_31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s-300x200.jpg頑張ってスキンケアしているのに顔がくすんでしまっていることに落ち込んでいる方も多いのではないでしょうか?

もしかしたらそれ、「油焼け」かもしれませんよ!?

顔の油焼けとは?

ad5b961031faea6a257b86baa2754dd2_sそもそも油焼けとは、日焼けのことを指します。
顔だけワントーン暗い、顔だけたくさんシミがある場合は、油焼けの可能性があります。

昔ガングロなんてのが流行しましたよね?

 

今では日焼け派の方々はめっきり少なくなってしまいましたが、あのガングロはサンオイルを塗ることによって、肌の黒化(サンタン)をよりスムーズに進めているのです。

517d4a83b98d5dcce529154aabf82196_sつまりオイルには紫外線の効果をより増大させる役割があるのです。
これはサンオイルだけでなく、顔の皮脂や美容オイルも同じことが言えます。

すなわち、美白やエイジングケアのスキンケアを頑張っているつもりでも、実は紫外線の効果を増大させてお肌を酸化させているのかも。

そしてお肌の日焼けを促進し、シミ・シワを増やす原因を自ら作り出していた・・・なんてことも。

あなたの油焼け度をチェック!

まずはあなたが油焼けに陥っていないかをチェックしてみましょう。

・顔だけ2,3トーン暗い
・顔だけシミ・そばかすが気になる
・混合肌、オイリー肌である
・スキンケアはしっかり保湿!を意識している
・日中も美容オイルを使っている
・今ブームの化粧品以外のオイル(アロマ、ココナッツなど)でスキンケアを行っている

油焼けのポイントは「オイルの純度」

c32e41c931dd66d5808b0e0f4bc4148e_s油焼けは化粧焼けなんて言われたりもするのですが、昔は実際に美容クリームやファンデーションなどで油焼けが起きることがありました。

これは使用しているオイルの純度が低く、不純物が含まれているため、オイルが酸化することによって起きているのです。

オイルが酸化すると、肌に刺激を与えます。
それによって、肌は活性酸素を作り出し、肌内のメラニン生成に関わる細胞を刺激します。
刺激された細胞がメラニンを異常に作り出し、それがシミとなってしまいます。

油焼けは日焼けだけでなく、シミの原因にもなるので注意が必要ですね。

油焼けを防ぐには

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s油焼けを防ぐには、「純度の高いオイルを使う」「日焼け止めで紫外線対策をしっかり行う」の2つが挙げられます。

純度の高いオイルを使用していれば、まず油焼け・化粧焼けを起こすことはありません。

しかし現在ではたくさんのスキンケア用品・コスメが氾濫しています。
ひとつひとつをチェックしていくことがベストですが、全ての使っているものが純度の高いオイルかどうかを見極めるのは大変だと思います。

そんなときは、紫外線対策

紫外線対策をきっちり行うことによって、紫外線による油焼けを回避することができます。

もっと酸化を抑えたい!という方は、抗酸化作用の成分を配合しているだけでも、化粧品による酸化はぐっと押さえられますよ。

正しい紫外線対策とは?

紫外線対策は単に日焼け止めを塗れば良いというわけではありません。
日焼け止めはUVをカットし、肌内へ紫外線が侵入することを防ぎますが、液剤自体がお肌に負担を掛けてしまいます。

日焼け止めは割と成分が強く、中には使用することによってかぶれてしまったり、赤みやニキビの原因になることもあるので、自分に合ったものを選ぶことが必要です。

① 日焼け止めクリームを使う前は保湿対策を行う

日焼け止めクリームやファンデーションなど、お肌への負担があるものを使用する際には、必ず保湿を行ってから使用しましょう。

保湿は化粧水のような肌内に水分のうるおいを与えてくれるケアを重点的に行います。
特に夏場はエアコンなどの空調によって汗は掻いているけれども、肌内は乾燥しているというインナードライ状態が起きてしまいます。

インナードライはニキビや肌荒れの原因となりますので、日焼け止めクリームを使用する際にはお肌への水分補給をしっかりと行うのがポイントです。

② SPFをチェックする

日焼け止めクリームを使用する際にSPFが高いものを使用してしまっていませんか。
SPFが高いものであればあるほど、UVカット効果は持続しますが、お肌への負担を考えると普段使いにはあまり適していません。

SPFが高いものは海やプールなど紫外線が強い場所で使用されることが推奨されます。
普段はSPF15~30程度の下地やファンデーションなどを使用するだけで日焼けを抑えることが可能ですよ。

③ 肌に優しいものを重ね塗り

②と重複する内容ですが、SPFが高いもの1点塗りよりも、SPFが低いものでもSPF配合の化粧品を重ね塗りする方が普段使いには効果が高いと言われています。

夏は暑くてスッピンで居たくなる気持ちもわかりますが、やはりSPF配合の化粧下地にお粉くらいをしておくと紫外線対策になります。


タイトルとURLをコピーしました